FC2ブログ

乳首足首

進捗 2019/03/20(写真なし)

リバウのボディ周りを組んでいました。
HGキットの中でも古いほうになるバウがベースなのでランナーが煩雑、ゲートも太いですね…
処理も大変なので、見えなくなるところは切りっぱなしにしてしまいます。

さてユニコーンの機体なので、いわゆる『袖』があります。
これをシールで済ませてしまうと後々浮いてきたりしてよくないし、塗装で再現したいですね。
でも面倒だと思ったら、真っ黒くしてごまかすかもしれません。
  1. 2019/03/20(水) 18:01:31|
  2. 模型

今、ラジオ番組に曲をリクエストする人というのは、別にそれが聴きたいわけではないのでしょう。
昔からの大ファンだったと言うなら、その音源ぐらいは個人で持っているでしょうし。
それをわざわざ、採用されるかどうかもわからないところに頼んで…
曲をかけてもらうのはついでのことで、自分の送ったメッセージを読んでもらうこと、
自分の力でその番組を動かした気分になることが主な目的なのに違いありません。

その歌手そっちのけで、自分のことを語っているだけのメッセージを耳にして、それを強く思いました。
  1. 2019/03/19(火) 18:00:42|
  2. ラジオ
  3. | コメント:0

まだ進捗はしてない


次は、これにします。
3年は積んでいたのではないか…
通販限定のいわゆるプレバン商品ですが、小倉のまんだらけに売っていたので買ったものです。

これは、それほど塗るところがないはずなので早めに上がるでしょう。
  1. 2019/03/18(月) 17:55:32|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/144 HG グリモアレッドベレー


完成しました。
兵士っぽい感じをもうちょっと出そうかと思ったので。
この手の兵士なら武器はナイフがいいかなと、アスタロトのデモリッションナイフを持たせました。
長すぎるだろと言われるでしょうが、そこは元々ああいうアニメだからこそのデフォルメということで。
  1. 2019/03/17(日) 23:46:00|
  2. 模型
  3. | コメント:0

進捗 2019/03/16


グリモアの主要パーツをサンドブラウンにしていきました。

work190316b.jpg
そして、細部は筆で。
レッドベレーなら、テカテカしていたらおかしいだろうということで、フラットレッドにしました。

明日の朝もう一段階重ねて、それが乾いたら組んでいきましょう。
  1. 2019/03/16(土) 22:37:48|
  2. 模型

やったことはない

アウトラン2019というゲームがあったっけ…
販売店で見かけたことすら記憶にありませんが。

調べてみれば1993年のゲームで、今年が舞台なわけですね。
こうやって未来の年をタイトルに付けて、先進的できらびやかな世界を想像していたゲームというのは
この頃までだったかもしれません。
今のゲームで未来が舞台とか言うと、大体文明が崩壊したり資源が枯渇したりした
荒廃した世界を生き残るようなのばかり。
夢がないねぇ…今のゲーム業界人は。
業界自体に未来がないことを言いたいのかもしれませんが。
  1. 2019/03/15(金) 22:40:31|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0

スーパーベースボール

大リーグでは2020年から、投手のワンポイント起用が禁止になると報じられていました。
試合時間短縮が目的だとかで。
代打は出していいのに、そういうのは不公平じゃないのか…
左投手の需要が、ガクッと落ちるかもしれません。

野村克也なんかは、こういったことにこそ文句を言わなければなりません。
駆け引きがなくなる、本物の野球はどこへ行ったとか例の言い方で。
でもあいつはアメリカには甘いから…
  1. 2019/03/14(木) 22:27:06|
  2. プロ野球
  3. | コメント:0

今週末、またあそこの模型店は臨時のガラクタ市をやるのか…
なぜそれが行われるのかを一度耳にしたことがある身からすると、
いい掘り出し物があるかもという期待より、諸事情で持っていられなくなった、
または持っていた人自体がいなくなってしまったのだろうと思いを巡らせ、
物悲しい気持ちのほうが勝るようになりました。
そんな品々に、これ幸いと手を伸ばしていいのだろうか、
いや売りに出すわけだから誰かの手に渡ったほうがその人、または家族のためになるのはわかりますが…
  1. 2019/03/13(水) 21:46:53|
  2. 地域ネタ

片付けも兼ねて色々間引いた結果、スーパーファミコンのソフトも15本程度になりましたが
中には今、結構な市場価格になっているものがあると知りました…
だからと言って、売って金にするとかそういうことはありませんが。
厳選に厳選を重ね、これだけはとっておこうと決めた、自分の好きなソフトたちです。
外で何千円、何万円だから大事にする、または売るとか、
何百円程度で売ってもしょうがないから持っとく、またはいらないとかそういうことではない。
やると面白いから手元に残すのです。

同じように、そんなソフトだけ他機種もふるいにかけてはいますが、
サターン、ドリームキャスト、プレイステーション1がなかなか絞れない…
手持ちの中の、どれもが惜しい。
  1. 2019/03/12(火) 22:13:19|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0

間違いだらけのクルマ選び 2019


車を買い替える予定があるわけでもありませんが、こんな本を読んでいました。
雑誌ではなく書籍として、この手のものを読むのは初めてです。
この人物の師匠で、昭和時代からこのシリーズを書き続けていた徳大寺有恒は、
車種やメーカーにその独特の書き方をして非常に読みにくい文章でしたが
この人物はそうでもありません…
ただ、やたら表現に横文字を使いたがるのがよろしくない。
評論家は単語を知っているのを自慢するのではなく、伝わるように書く職業ではないのか。

同意できる部分は確かにありました。
近年ミニが大きくなってしまい、元々目指していたところからはかけ離れた存在になってしまったところとか。
ヨーロッパの車に対してイエスマンでしかない評論家が多い中、これは称えたかった。

…この手の本や雑誌で評価をしている人は、メーカーから借りて少し乗った程度の評価なので、
本当に持ってからのことはわかりません。
洗車がしやすいかどうか、保険や税金の面においてもランニングコストは安いか高いか、
消耗品がどれぐらい持つか、しばらく乗ったら乗り心地が変わったとか…
そういうことを書く評論家がいてもよさそうな気もしますが、それだと評価の対象が古くなるので
そんな本は売れないか。
  1. 2019/03/11(月) 19:46:30|
  2. 読書
  3. | コメント:0
次のページ