FC2ブログ

乳首足首

1/24 日産 フェアレディZ(Z34)


z34rr.jpg
タミヤのキットは実に安定している…
組みやすかったし窓枠塗装に便利なマスキングシールまで付属して、
またミラーやエアロパーツも不安定なことなくしっかり取り付けられたし、
ほぼストレスなく組むことができました。
塗装も自分の技量からすれば大成功と言える(´ー`)
  1. 2017/06/26(月) 18:17:23|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/24 ホンダ インテグラTYPE-R(DC2)


dc2rr.jpg
成形色の段階でこの車種にピッタリの色だったので、デカール保護のためにクリアーを吹き付けて
磨いただけです。
赤エンブレムはモールドになっているため、デカールで済ませると浮いておかしくなるなと思い
面相筆で塗りました。ホイールのロゴも。
エアダクトが奥まっていたり、細かったりでそこを黒く塗るのに最も往生しましたね…

さてそろそろ梅雨ということで、カーモデルもしばらくお休みとなりましょうか。
塗装済みモデルなんかは手を付けられるかもしれませんが。
  1. 2017/06/11(日) 17:08:22|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/24 トヨタ セリカXX


celicaxxrr.jpg
フジミから再販になった、よろしくメカドック仕様のセリカXXを組みました。
幼き日の筆者は、この作品の影響で38という数字が気に入るようになったものです。
本当は原作を再現させんとする真っ白の成形色だったんですが、漫画のほうは読んだことがなく
アニメのほうの印象しかない筆者は、記憶に沿ってこんなカラーに塗り替えました。
塗装した後で、黒かったのはバンパーとサイドラインだけで、下回りも赤かったことに気付いたりして…
ハチロクとかと混同して覚えていたようです。
そしてこれが完成に近づいた頃、アニメ準拠のレッドバージョンも再販開始となる間の悪さ。

とにかく古いキットなので、作るのに四苦八苦でした…
ニッパーが傷みそうなほど太いゲートとか、納豆みたいに糸を引いたバリとか、
エアロパーツの合いの悪さ、ドアの内張りやダッシュボードをボディのほうに接着させる無茶な仕様…
それでも、割とツートン塗装もうまくいったし、達成感は十分に得られました。

ちなみにナンバーの数字は選択して貼り付ける方式で(そのせいで傾いてる)、
選んだのは筆者が初めて乗った軽自動車の番号。
  1. 2017/06/10(土) 22:31:37|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/24 ホンダ シビックTYPE-R(EK9)


ek9civicrr.jpg
タイプRと言ったら白じゃないかと言われるかもしれませんが、
シビックは前に一度見たこんな感じのイエローが非常に印象に残っていて、あれを再現したくなったので。
白はこの後やる予定のインテグラのためにとっておこうという気持ちもありました。

今回は窓枠塗装が割とうまくいきました、
下手にマスキングに頼ると、また浸み出したりして困るから
こうして慣れて行って、安定してフリーハンドでできるようになったらいいな。
  1. 2017/05/21(日) 19:27:02|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/24 ミニ くまモンVer.


kumamonminirr.jpg
フジミから出ている塗装済みの、簡単に作れるのを売りにしたシリーズの一つです。
ボディに貼るのはガンプラやミニ四駆を思わせるシール。
間違いなく簡単ではありますが段差もできますし、上からコーティングをするわけにもいきません。
よって今回は、シールを貼る前に軽く磨いた程度にとどめました。

シールを貼ったりだとか、窓パーツが一枚ずつ分割だったりだとかで、
組むことよりも組んだ後についた指紋をふき取る作業のほうに手がかかりましたね。
簡単キットという売りが、かえって仇になったようにも感じました。
  1. 2017/05/17(水) 18:21:54|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/12 フレームアームズガール 迅雷


これに持たせるのは飛び道具より長めの刃物だろうと前々から決めていて、
刀も捨てがたかったですが、誰かに持たせたくて買っていたこの鎌にしました。
本体よりも、この武器を塗装して後で磨く時間のほうがかかったりして…

アニメのほうも毎週視聴しています。
先週分ではまさかのあのキャラまで現れる予想外の展開。
武希子の存在する意味、生まれた背景からして無関係ではないとはいえ。
  1. 2017/05/14(日) 18:42:51|
  2. 模型
  3. | コメント:0

1/24 三菱 パジェロ


pajeroxrrr.jpg
メッキパーツを多用して、なかなか豪華なキットでした。
ツートンの塗り分け、窓枠塗装でまた浸み出して不細工になったけど…
実は半年前にほとんど完成していたものの、ワイパー取付けのために穴を開ける必要があり
そのために必要なピンバイスを持っていなかったため、この最近まで置きっぱなしにしていました。
いざ探すとなるとなかなかないんですよ、ああいう工具は…

しかしこの手のものを撮影するのに自然光は実にいい。
明るくて鮮やかに見えるし、ハッタリもきく。
  1. 2017/05/13(土) 18:12:48|
  2. 模型
  3. | コメント:0

断念


フジミにゃ、またやられたよ…
パーツが全く合わず、完成させられないことが判明しました。
(マフラーが干渉してリアバンパーが組みつけられない)
これは手直しでどうにかなるレベルではありません。

塗装であれこれ失敗しながらも、なんとか完成まではと頑張っていましたが
これはもうお手上げ…
フロント部分を作っている時点でも、説明書と実物が食い違っていたし。

ここのだけですよ、こういう理由であきらめないといけないのは。
戦車や航空機、艦船などはやっていないので、海外メーカーなどのもっとひどい例なんかは
もしあったとしても知りませんが。
  1. 2017/05/11(木) 22:52:54|
  2. 模型
  3. | コメント:0

デカール保温器


とある模型関連のサイトで売られていたものを、これはと思って注文しました。
この上のほうにある器に入れた水が温まって、デカールの糊を溶かして台紙から浮かせるのに
ちょうどいい温度で保温できる機器のようです。
こういうのを待っていました。これで冬でもカーモデルが作れるし、
なかなかデカールが台紙から動かない、浮いてきたと思ったら糊が全部溶け出してただのフィルムになった、
そういう悩みとはおさらばできそうです。

fondueblock.jpg
正しくはこの機会、フォンデュブロックという料理関係の道具で、
チーズフォンデュを食べる際にチーズが溶けて温かい状態を維持しておいしく食べるために
作られたものらしいですが…
よく、これをそういうことに生かせると発想したものです。
筆者個人では絶対思いつかなかった。

さて週末にでも、使い心地を試したいと思います。
ついでについていたこの棒はどうしたものか…
本当にチーズフォンデュを食べたくなった時にでも使うか。
  1. 2017/05/09(火) 22:48:23|
  2. 模型
  3. | コメント:0


フジミのやや古めのキットにある組み立て説明書は、いちいち怖いんだよ。
  1. 2017/05/05(金) 21:43:38|
  2. 模型
  3. | コメント:0
次のページ