FC2ブログ

乳首足首

Deadlight

このところ、アメリカではこの手のゲームが流行っているのでしょうか。
80年代の地方都市を舞台に、崩壊した街を一人で歩きながら生き延びようとするアクションゲーム…
これの少し前に出たI am aliveも、Walking deadもそんなのだったし。

このDeadlightは完全な2Dのゲームであり、プリンス・オブ・ペルシャやフラッシュバックに似たタイプ。
面白い仕掛けが、いろいろ考えられています…
それはいいんですが、ステージそのものの難度があまり高くないのを調整するつもりなのか、
暗くて見えない部分が多い。また、何かに掴まってから離して飛び移ったりする際
操作に対してモタモタと遅れるのがね…
こういう理由で、死ななくてもいい場所で死なされるのは実にイライラする。

専門誌のライターとか、方々のサイトやブログでこのゲームを評し
誰もが、ボリュームがないので2~3時間で終わると口をそろえているのは納得いきません。
確かに一本道ではあるが、こんなあれしちゃ死にこれしちゃ死に、そのたびに割と長いロードがあるゲームが
2~3時間で終わるワケがない。少なくとも、初回プレイでは。
どうせどこかの、うまいプレイヤーの動画で済ませて批評したんだろ。正直に言え。
  1. 2012/09/16(日) 21:12:17|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | クリムゾンドラゴン サイドストーリー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する