FC2ブログ

乳首足首

終戦

今シーズンのパリーグはファイターズが安定して強かったですね。
やはり日本シリーズには首位だったチームが行くのが一番ということで…

リーグの中でのシーズンが終わったところで、ホークスの戦犯でも探すか。
まぁ、主力があれだけ抜けたのが最も大きかったのは間違いないところですが
それだけにとどまらないところで言えば…
・先発として迎えたペニー、ピントが近年稀に見る大外れだった
・内川の不振(後半はそれなりに打ったが、前半や交流戦で勝てなかった大きな原因だった)
・チームが波に乗ってきたところで一軍に上がっては試合をぶち壊してまた帰っていく巽と大場とドイル
・捕手陣がそろいもそろって打てず、そこで打線が止まる
・馬原不在、ファルケンボーグも出ては怪我するばかりでリリーフ陣の負担が増した
・万全でないのに試合に出るのが美徳と勘違いしたのか、無理に出続けては凡退を繰り返す本多と小久保
このへんでしょうかね。
今年は開幕前に懸念されていた投げるほうよりも、点が入らないことのほうが問題としては大きかった。
むしろこれでよくクライマックスシリーズの最後まで行ったと言うべきか…

さて来年はどうなるか。
  1. 2012/10/20(土) 21:46:15|
  2. プロ野球
  3. | コメント:0
<<360の更新 追記 | ホーム | 秋のアップデート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する