FC2ブログ

乳首足首

ブラザーズ 二人の息子の物語



いや~これは面白かった…(しみじみ
二人兄弟が協力しながら冒険するアクションゲームなんですが、
操作するのはあくまでプレイヤー一人、左スティックで兄を、右で弟を操る。
一人で二人を動かすゲームと言えばバイナリーランドを真っ先に思い出しますが
それよりも一歩進んだ、アナログスティックが二本ある機種ならではのゲームになっています。
ちなみに、ABXYは使いません。アナログと左右のトリガーのみ。

力も背丈も足りず仕掛けのほとんどを動かせないことから、その小柄な体だけを利点に
ほとんど兄貴の補助的役割に終始する幼い弟。
そんな存在が、右スティックに割り振られていることに意味があると思っています。
普段ゲームで右手と言えばボタンを押すことが役割であり、キャラを動かすことには不慣れな手です。
プレイヤーの意思に反してあちこちにフラフラし、何とも危なっかしい足取りで移動する弟を
そんな右手が見事に演出しています。
そしてそんな弟を気にするあまり、つられてミスる兄。

しかし、冒険が進むにつれ操作に慣れていくことで、画面の中の兄弟もきれいに連携するようになり
厳しさを増していく道のりも越えていく。
プレイヤーの両手が、物語の中で成長を遂げていく兄弟と見事にリンクしている。
そんな面白さ、凝って作られた美しい世界、長すぎないボリューム、
いい要素が絡まりあった名作であり、開始からクリアまで一気にやってしまいました。

詳しくは書きませんが終盤の展開が感動的です。
ああいう事態になってから弟が本当の成長を見せるあたりが。
この辺は是非、実際に遊んで見てもらいたいと思います。
  1. 2013/08/16(金) 21:35:54|
  2. ゲーム
  3. | コメント:2
<<休みは休むためにある | ホーム | トランスフォーマー ウォー・フォー・サイバトロン>>

コメント

このブログは毎回とても参考になるなと感心して見ております。Twitterだと文字数制限あるから細かいとこまで伝えにくいんですよね。ほんの数文字少ないだけでも印象がらっと変わるし。とても興味をひかれたので必ず買います
  1. 2013/08/16(金) 23:54:42 |
  2. URL |
  3. 諜報部員 #-
  4. [ 編集]

ヽ(´ー`)ノ

ありがとうございます。
今回のこれのように、本当に語りたくなったゲームに出会うと140文字では足りませんからね。
あっちで連投するのも見苦しいことですし…
第三者が見やすいように書くなら、やはりサイトやブログのほうが好ましい媒体だと思っています。

1200MSPですが買って損はしない、
むしろゲーム好きなら触れておくことをおすすめする一本ですよ(´ー`)
  1. 2013/08/17(土) 21:41:24 |
  2. URL |
  3. ○× #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する