FC2ブログ

乳首足首

長い割に未完

アラン・ウェイクをクリアしました。
作家が、書いた覚えのない自分の小説の登場人物に襲われ、妻をさらわれ…というお話。



ホラーゲームですが、やはりこの手の超常現象、心霊もののほうが好きですね。
国や巨大企業の陰謀により体の仕組みが変わってしまった怪物が出てきてワーキャーというのよりも。
また主人公は特別な訓練を受けた兵士や警官ではなくあくまで作家、しかも中年なので
ダッシュで移動できる距離が短めなのも隠し味。

…この一本に限らず、ゲームで恐怖感を持たせ続けるのはやはり難しいんだろうなと
作る側の苦労にまで思いを巡らせていました。小説や映画と違って、触れている時間も長めだし。
倒すのに手こずるタイプの敵が繰り返し出てくると、またこいつかよと苛立ちが先に出てくるようになるし。
そいつが怖いのではなく、せっかく進めたのにまたやり直しになることへの怖さが大きくなってくる。
  1. 2013/08/19(月) 17:14:33|
  2. ゲーム
  3. | コメント:0
<<バット…最後だ、母さんと呼んでやれ | ホーム | 休みは休むためにある>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する