FC2ブログ

乳首足首

ロケッティアではない


今週の頭からやっていた、このDark voidをクリアしました。
このパッケージのように飛び回るのは冒頭の昔話でちょっとやる程度で、
前半のしばらくは再び飛ぶために部品を探しながら地道に歩く普通のTPSです。
次にどこに行けばいいかマーカーは一応出ますが、これが時としてわかりにくい…
前に進むのか、高いところに行くのか、はたまた下に降りるのか…
道中の敵もロボットなので硬くて、弾も足りなくなりがち。
ヘッドショットしても一発じゃ死なない。

苦労した分、飛行して戦うパートになると爽快で楽しいゲームに変わりました。
飛んでいる場合は弾数制限もなくなるのでそれまでのストレスとはおさらばできる。
敵の円盤を乗っ取るとか、一部の大型兵器の動きを止めるとかで長いQTEがありますが…

途中で面倒になることもそうはなく、テンションを保ちながらエンディングまでたどり着きました。
…ところでスタッフロールで唐突に流れた、あの8bit風の音楽は何だったのだろうか。
発売元がカプコンなのでそこがらみなんでしょうが、何のゲームで使われた音楽なのかはわからずじまい。
これ、実は昔カプコンが出した何かのリメイク?
  1. 2014/04/25(金) 22:52:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<1/144 HG ケンプファー | ホーム | XBOX ONE、9月4日発売>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する