FC2ブログ

乳首足首

とある模型店の切ない話

市内の模型店でこの土日、季節外れに行われたガラクタ市。
それをちょっと見に行った際、店主が他の客と話していたのが聞こえてきました。

「実は今回のイベントってのはね、うちの常連さんだったあるお客さんが亡くなってね…
生前手を付けられないまま自宅に積み上げられたプラモの数々をなんとか
同じ趣味を持つほかの人たちに生かしてほしいって、その人の奥さんに頼まれて
うちで代わりに売ることにしたんだよ。そこに並んでる品物は九分九厘、
うちの店で買って行ってもらったものなんだよね…
こういう人は決して少なくなくて、家の二、三軒分ぐらい積みを抱えたまま
もう作れなくなったり、死んじゃったりする人もいてね……」

そんな話を耳にして、筆者はそれらの品々に手を付けず出てきてしまいました。
決して他人事ではないと思った…明日は我が身です。
本当、目的もなくフラフラと出向いて増やしている場合ではないと実感しました。
そんなことより自室で手を動かし、減らしたほうがいい。
もし今日死んだとして、今のこの部屋を、他の誰かに遺品整理をさせられるかと言ったら…
  1. 2018/08/26(日) 23:21:22|
  2. 模型
  3. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 勧めるな>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する